ROIを最大化する サーバーアクセスログ監視ツールの実力とは?

ROIを最大化する

サーバーアクセスログ
監視ツールの実力とは?

機密情報が組織ネットワークから窃取される情報漏えい事件が世界中で起きている。国内で判明した個人情報漏えい事案は年間1,000件超が報告(※1)されており、企業の13.5%が情報漏えい、あるいはその疑いがある事案を経験(※2)している。個人情報漏えいの損害賠償額は 漏えい事案1件あたり数億~10億円超 と想定され、ブランド毀損を含め経営上の重要なリスクとみなされ、セキュリティとコンプライアンスの強化は最重要なリスクマネジメントのテーマとなっている。しかし投資余力に限りがある中、ITガバナンス強化の「次の一手」に悩む企業は多いはず。そこで注目されているのがサーバーアクセスログ管理ツールだ。情報資産が集中するサーバーを最適投資で効果的に守る、システム目付け役として期待されているのがこのツール。本ホワイトペーパーでは、ラネクシーが提供する「Netwrix Auditor」を例に、なぜ同ツールが注目されるのかを解説していく。

「ROIを最大化する サーバーアクセスログ監視ツールの実力とは?」のつづきはこちら