Netwrix Auditor を使用したランサムウェアの攻撃対策をご紹介!

ランサムウェアの侵入を検知し、アラート通知で迅速に対応する

2016年以降、ランサムウェアが猛威をふるっています。国内での被害報告も急増しているとのことです。ランサムウェアはPCやデータを暗号化することにより、これらを「人質」として、もとに戻すことと引き換えに身代金を要求するという誘拐・脅迫マルウェアです。(身代金要求型不正プログラムとも呼ばれます。)

 Netwrix Auditorでは、アラート設定で『検知』をすることが可能です。『検知』することにより、状況を把握して、迅速にその後の対策を検討することは企業にとって非常に重要です。ここではNetwrix Auditorでランサムウェアを検知する方法の一例をご紹介いたします。

Netwrix Auditor を使用したランサムウェアの攻撃対策の詳細はこちら