Netwrix Auditor for Windows File Servers


ファイルサーバーアクセスログ管理・監査レポートツール

Netwrix Auditor for Windows File Servers

Netwrix Auditor for Windows File Servers (ネットリックス オーディター フォー
ウィンドウズ ファイルサーバー) はファイルサーバー内でデータの入出力やユーザーの操作を監視することでセキュリティを保つ、ファイルサーバーアクセスログ管理ソフトです。 Netwrix Auditor for Windows File Servers の導入で監査ログの取得も可能になります。監査ログは、システム管理者やユーザーによって実行される操作の記録です。サーバー内における操作内容を時系列かつ連続的(いつ・誰が・何をした)に監査ログとして記録します。また、定期的な監査レポートの出力も可能です。

FileServer のアクセス監査で取得可能な情報

項目 説明
Action 操作内容が表示されます。
Read(読み込み)、Added(上書き)、Removed(削除)、
Modified(フォルダ・ファイルアクセス権の変更)
Object Type オブジェクトのタイプが表示されます。
例: File または、Folder or File
What 変更されたオブジェクトやパス情報が表示されます。
Where 変更が発生した対象サーバー名が表示されます。
Who 操作したユーザーアカウント情報が表示されます。
When 変更が発生した正確な時間が表示されます。
Details オブジェクトの変更前と変更後の情報や属性などが表示されます。

Netwrix Auditor for Windows File Servers のレポート

Netwrix Auditor for Windows File Servers のレポートはファイルサーバー関連の監査レポートを数十種類用意しています。 出力レポートに関しては定期的な自動出力が可能となっており、これを管理者にメール通知することも可能です。

レポートサンプル:ダッシュボード

レポートサンプル:詳細な監査レポート

ファイルサーバ上の重要データを 脅威から守る「最後の砦」

内部犯行に起因する大規模な情報漏えい事故が後を絶たない中、企業は一体どのような対策を取るべきなのか?さまざまな対策や技術、セキュリティ製品が提唱される中、近年注目を集めるのが、ファイルサーバ上の重要データへのアクセスログを監視し、不正なアクセスや操作をいち早く検知するソリューションだ。

ここではその有効性を、ラネクシーが提供するファイルサーバアクセスログ監視製品「Netwrix Auditor for Windows File Servers」の機能を例に取りながら解説する。

つづきはこちら
ファイルサーバ上の重要データを 脅威から守る「最後の砦」